取り組み

主な栽培事業カンゾウ

栽培地:
中国(新疆ウイグル自治区)

マメ科の多年草で、根を乾燥させたものを生薬として使用します。主に抗炎症作用が医薬品、化粧品、甘味成分が食品として、世界各国で大量に消費されています。当社では、2013年より、中国新疆ウイグル自治区で、インフラータ種の大規模栽培に着手しました。

現在、栽培面積は約1,000haまで拡大し、収穫した甘草は、グリチルリチン酸ジカリウム等の原料となっています。資源の枯渇対策と同時に、原料の栽培から製品化まで一貫した製造管理により、事業の安定化を実現しています。また、さらなる品質の向上、事業の安定化を目指し、栽培方法、栽培地の拡大・多角化等の検討を継続しています。

  • 甘草の花
  • 甘草の種
  • 地上部が枯れた秋の収穫期
  • 収穫された甘草根(中国の弊社関連会社で加工)