取り組み

CSR調達CSR Procurement

Sustainability
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

アルプス薬品工業は持続可能な
社会を実現する為、
お取引先も含めた包括的な
サプライチェーンで
CSR調達を推進します。

サステナブル調達へのご協力のお願い
主な栽培事業

アルプス薬品工業 購買取引基本方針

1. 購買の基本方針

  1. 関連法令の遵守と安全・環境・人権等への配慮
    購買活動を実行するにあたり、各国の法令と規制、国際規範を遵守し、誠実に行動するとともに、安全、環境、資源保護、人権等への適切な配慮を行います。
  2. お取引先様とのパートナーシップ
    お取引先様とは、長期的な視点で、共により良い製品作りを目指す良きパートナーとして、相互に繁栄を図る取引関係の確立を目指します。そのために、お取引先様との緊密なコミュニケーションを重視し、より強い信頼関係を築くように努力します。
  3. お取引先様の機密情報・知的財産・資産等の適正管理
    購買活動を実行するにあたり、お取引先様の機密情報・知的財産・資産等を適正に管理し、保護します。

2.お取引様の選定方針

  1. 経営状態が健全であり、安定供給力と生産変動への柔軟な対応力があること。
  2. 提供される製品/サービスの品質・価格・納期が適正であること。
  3. CSRについての取り組みが適正、または、実現に向けて努めていること。

サステナブル調達へのご協力のお願い

アルプス薬品工業は、社会全体から信頼され、
期待される企業となることを目指しております。
サステナブルな社会の実現に向けて、
サプライチェーンを構成するお取引先様と共に、
取り組みを進めて参りたいと考えておりますので、
ご理解とご協力をお願い申し上げます。

倫理 サプライヤーは倫理に基づいて事業活動を実施し、誠実に行動してください。
  1. 贈収賄および汚職の禁止
    あらゆる形式の贈収賄、汚職、恐喝および横領を禁止します。企業との取引関係において、贈収賄その他違法な賄賂に関与してはなりません。贈収賄を防止し、適用法を遵守するための適切な制度を確実に整備してください。
  2. 公正な競争
    適用されるすべての独占禁止法令に準拠し、公正かつ活発な競争に基づいた事業を実施してください。
  3. データのプライバシーと保護
    秘密情報を保護し、適正な方法によってのみ使用して、企業、従業員の権利を保護するよう万全を期してください。適用されるプライバシーとデータの保護に関する法令を遵守し、個人データの保護、セキュリティ設定および適法な使用を徹底してください。
人権・労働 サプライヤーは、従業員の人権および雇用上の権利を守り、
尊厳と敬意を持って従業員を処遇することに尽力してください。
  1. 職業選択の自由
    強制労働、奴隷労働、年季奉公による労働または強要された囚人労働を使用してはなりません。従業員は仕事を得るために支払いをしてはならず、また移動の自由を拒否されるべきではありません。
  2. 児童労働と年少者労働
    児童を労働者として使用してはなりません。18歳未満の年少者の雇用は、各国の法定雇用年齢または義務教育終了年齢を超えている者に限り、危険を伴わない業務に従事させてください。
  3. 差別禁止
    差別のない職場環境を提供してください。人種、肌の色、年齢、妊娠の有無、性別、性的指向、民族、心身障害、宗教、政党への加入、組合への参加、配偶者の有無などの事由による差別があってはなりません。
  4. 公正な処遇
    従業員に対するセクシャルハラスメント、性的虐待、体罰、精神的または肉体的強制、暴言などのハラスメントや過酷で非人道的な扱い、またその恐れのない職場環境を提供してください。
  5. 賃金、手当および労働時間
    最低賃金、残業時間および法令で義務付けられた手当を含め、賃金に関して適用される法令に従って従業員への支払いを行ってください。
安全衛生 サプライヤーは、会社が提供する住居(該当する場合)を含め、安全で衛生的な労働環境を用意してください。
安全衛生に関する対策は、サプライヤーの拠点で働く請負業者と下請業者にも適用してください。
  1. 従業員の保護
    職場および会社が提供する住居において、化学的、生物学的、物理的な危険に従業員が過度に晒されないようにし、また身体的な負担が大きい業務から従業員を保護してください。
  2. プロセスの安全性
    化学的・生物的プロセスから生じるリスクを特定し、予防するための管理プロセスを整備すること。
  3. 緊急事態への準備と対応
    職場および会社が提供する住居における緊急事態を事前に特定してアセスメントを実施し、非常時の計画と対応手順を実践することで、その影響を最小限に抑えてください。
  4. 危険性情報
    医薬品や医薬品中間体を含む危険物に関する安全情報を提供して、教育・訓練を実施し、従業員を危険から守ってください。
環境 サプライヤーは、環境に配慮した効率的な方法で業務を実施し、環境への負荷を最小限に抑えてください。
天然資源の節約、可能な場合には有害物質の使用の回避、また再利用とリサイクルに関する活動への参加が奨励されます。
  1. 環境に関する認証と報告
    適用されるすべての環境規制を遵守してください。環境に関して求められるすべての許可、免許、情報の登録と制約に対応し、それらに関わる手順および報告の要件を遵守してください。
  2. 廃棄物と排出物
    安全な廃棄物の取扱い、移動、保管、廃棄、リサイクル、再利用または管理、大気排出および廃水排出を徹底するための体制を整備してください。
    人間の健康または環境衛生に悪影響を及ぼす可能性のある廃棄物や廃水、排気は、環境への放出前に適切に管理、制御、処理してください。
  3. 漏出と流出
    環境への不測の漏出や流出ならびに地域社会への悪影響を防止し、軽減する体制を整備してください。
  4. 資源の利用
    効率を高め、資源の消費を削減する対策を講じてください。
  5. 持続可能な調達とトレーサビリティ
    重要な原材料の供給元に対し事前精査を実施し、適法かつ持続可能な調達を推進してください。
マネジメント
システム
サプライヤーは、事業の継続性を維持し、継続的改善と本原則が求める内容の遵守を促進する
マネジメントシステムを整備してください。
  1. コミットメントと説明責任
    適切なリソースを割り当て、上級職にある責任を負うべき人員を明確にし、本原則に記載された考え方に取り組む決意を示してください。
  2. 法的要求と顧客からの要求
    適用される法令、規制、基準および関連する顧客からの要求事項を確認し、遵守してください。
  3. リスクマネジメント
    本原則が対象とするすべての項目でリスクを把握し、管理するための仕組みを整備してください。
  4. 文書管理
    本原則への適合と適用される規制の遵守を証明するために必要な文書を維持管理してください。
  5. 教育研修と能力
    本原則が求める内容に取り組めるように、経営陣を従業員の知識、技能および能力を適正な水準に到達させる教育研修プログラムを整備してください。
  6. 継続的改善
    成果目標を設定し、実施計画を実行したら、社内外からの評価、査察、マネジメントレビューで確認された不備に対して必要な是正措置を講じるという形で、継続的に改善を進めることが求められます。

当社における薬用植物の栽培事業は、
事業基盤の強化と同時に、
国連で採択された2030年までの
「持続可能な開発目標(SDGs)」達成への
寄与も目指しています。